SSL(https通信)について

2019/12/05

今回は、最近よく耳にするようになった「SSL」「https通信」について、書いてみたいと思います。

そもそもSSL(https通信)とは?

SSLとは、簡単にいえば、インターネットを介してやり取りされるデータを暗号化する仕組みのことです。

暗号化されていない、従来のhttp通信では、インターネットを流れる個人情報などのデータが抜き取られるリスクがあります。

これに対して、SSLを導入して暗号化された通信(これをhttps通信と呼びます)では、データが暗号化されているため、たとえ盗聴されてもその情報を悪用される心配がなくなります。
(暗号のため、抜き取っても解読が不可能)

SSLが導入されていないと?

SSLが導入されていないと、Google Chromeでページを表示した際、アドレスバーの横に「保護されていない通信」と表示されます。
(2019年12月5日現在)

また、Firefoxでは、SSLを導入していないページに入力フォームがあると、下図のような怖いメッセージが表示されます。
(2019年12月5日現在)

このようなメッセージは、ユーザーの離脱を招きかねず、また個人情報保護の観点からも、未対応のページにはSSL(https通信)の導入が強く推奨されます。

WIXでは?

WIXでは、基本的にサイト公開時に自動的にSSLが適用されるようになっています。(無料プラン・有料プランとも)

ただし、長く運営している(=公開時期が古い)ページでは、有効になっていないケースがあり、その場合はダッシュボードの設定からSSLを有効にすることも可能です。

WordPressでは?

WordPressの場合は、利用しているサーバーによって手続きが異なり、またWordPress側でも設定変更・記事の書き換えなどが必要となるため、SSL導入のハードルは高くなります。

これからWordPressを利用してホームページを作成する場合は、「インストールの時に同時に」SSLの設定を行っておくことをオススメします

また、アフェティリアではWordPressへのSSL導入のサポートも行っておりますので、是非お気軽にご相談くださいませ。

カテゴリ別記事一覧

個別レッスンも行っております

『WIXのアプリや、WordPressのプラグインの使い方がわからない』
『スマホ対応がうまくいかない』
『検索結果になかなか出てこない』
などのお悩みを対面、またはオンライン(Skype・Zoom)にてご相談いただきながら、一緒に解決していくサービスです。

料金:1時間5,000円(税込)

レッスン風景1 レッスン風景2